「高級食材を惜しみなく」

綿谷で使用する素材は、産地にもこだわっております。
香川県産のイリコ、北海道の昆布、
地元のしょうゆ、米は香川県産こしひかり。

麺に使用する小麦粉は、何種類もブレンドして
細やかに手間暇かけて作っております。
また、季節によって微妙に小麦粉の配合率を変えております。
もちもち感はあるが、しっかり麺の中まで火が通り、
かつ喉ごしの良い麺で、ダシとよくからむ様にしております。

綿谷の代名詞ともいえる肉は、素材選びから秘伝の味つけまで、
日々品質維持のため、毎日のチェックを細かくいたしております。
「長年の経験で培った技術を余すことなく」

「麺処 綿谷」らしいうどんを求め、長年の経験で培った技術で
お客様の思考に近づける様、毎日が真剣勝負です。

素材の吟味はもちろん、
最後の一滴まで飲み干せるうどんを目指し、
これからも、お客様に満足いただける味を求めてまいります。

また、うどんの味以外にもお店の雰囲気にも気をつかい、
スタッフが笑顔で働ける職場づくりにも取り組んでいます。
「常連さんの一言で、肉ぶっかけ誕生」

オープンから1ヵ月ほど過ぎた頃、
ここは肉うどんが美味しい」と聞いてきたと
来店してくれるお客様が増えてきました。
当時は特に肉うどんを大々的に売り出したつもりはなく、
社員食堂で牛丼をメニューに入れていたのですが、
その肉で肉うどんを作っていました。

そんなある日、常連客の学生さんから変わった注文を頂きました。
肉うどんの肉を、ぶっかけに入れて!
その一言で、綿谷の代名詞とも言える肉ぶっかけが完成しました。
現在では1日60kgの肉が出るほどの1番人気商品になりました。
「あ・うんの呼吸で一杯のうどんを完成」

できたてを、いち早く提供できるよう、
愛情をもってスタッフ一同うどん作りに励んでおります。

作業効率をよくするために、作業台の位置を数cm単位で調節
スタッフそれぞれが自分の持ち場を確保し、迅速に対応します。

お客様に成長させて頂きながら
元気の良い挨拶、明るい笑顔、てきぱきとした接客で
おもてなしさせて頂きます。
「器のデザイン鑑賞も楽しみの一つに」

セルフ店だけど、高級感のあるお店──
そんな思いから、綿谷の器は高級陶器を使用しております。

一刻も早く商品を提供するために、
注文をお聞きする人・お客様に商品をお渡しする人が異なります。
その為、器の種類でメニューの内容・玉の大きさを
使い分けております。
器のデザイン鑑賞も楽しみの一つとして頂けたらと
思っています。
「ご満足いただけるよう、サイドメニューも充実」

綿谷がオープンした1997年当時は、うどんのセルフ店といえば、
うどん玉だけをもらって、お客様自身が麺を温め、ダシをかけ
トッピングするのが主流でした。
綿谷でのセルフとは、経費削減ではなく
お客様に少しでも待ち時間を少なくお渡しする究極の手段です。
うどんは「完全な形」でお渡しして、後はセルフ方式にしました。
その為、たくさんのメニューをそろえております。

約15種類の天ぷら・お寿司・おにぎり等、
サイドメニューも充実しております。
その中でも人気のある、
ちょっとばかりボリュームがあると評判のいなり寿司
目当てにご来店くださる方もいるほどです。
「落ち着いた和テイストの店内で、心ゆくまで満喫」

明るく清潔な店内の入り口に、四季折々の生花を飾り
お客様に季節を感じて頂きながら、
落ち着いた和テイストの内でのお食事を
心ゆくまで満喫して頂けます。

カウンター・テーブル席の他、座敷も完備しております。


















「高級食材を惜しみなく」

綿谷で使用する素材は、
産地にもこだわっております。
香川県産のイリコ、北海道の昆布、
地元のしょうゆ、米は香川県産こしひかり。

麺に使用する小麦粉は、何種類もブレンドして
細やかに手間暇かけて作っております。
また、季節によって微妙に
小麦粉の配合率を変えております。
もちもち感はあるが、
しっかり麺の中まで火が通り、
かつ喉ごしの良い麺で、
ダシとよくからむ様にしております。

綿谷の代名詞ともいえる肉は、
素材選びから秘伝の味つけまで、
日々品質維持のため、
毎日のチェックを細かくいたしております。
「長年の経験で培った技術を
        余すことなく」

「麺処 綿谷」らしいうどんを求め、
長年の経験で培った技術で
お客様の思考に近づける様、毎日が真剣勝負です。

素材の吟味はもちろん、
最後の一滴まで飲み干せるうどんを目指し、
これからも、お客様に満足いただける味を
求めてまいります。

また、うどんの味以外にも
お店の雰囲気にも気をつかい、
スタッフが笑顔で働ける
職場づくりにも取り組んでいます。
「常連さんの一言で、
       肉ぶっかけ誕生」

オープンから1ヵ月ほど過ぎた頃、
ここは肉うどんが美味しい」と聞いてきたと
来店してくれるお客様が増えてきました。
当時は特に肉うどんを
大々的に売り出したつもりはなく、
社員食堂で牛丼をメニューに入れていたのですが、
その肉で肉うどんを作っていました。

そんなある日、常連客の学生さんから
変わった注文を頂きました。
肉うどんの肉を、ぶっかけに入れて!
その一言で、綿谷の代名詞とも言える
肉ぶっかけが完成しました。
現在では1日60kgの肉が出るほどの
1番人気商品になりました。
「あ・うんの呼吸で
     一杯のうどんを完成」

できたてを、いち早く提供できるよう、
愛情をもってスタッフ一同
うどん作りに励んでおります。

作業効率をよくするために、
作業台の位置を数cm単位で調節
スタッフそれぞれが自分の持ち場を確保し、
迅速に対応します。

お客様に成長させて頂きながら
元気の良い挨拶、明るい笑顔
てきぱきとした接客で
おもてなしさせて頂きます。
「器のデザイン鑑賞も
       楽しみの一つに」

セルフ店だけど、高級感のあるお店──
そんな思いから、
綿谷の器は高級陶器を使用しております。

一刻も早く商品を提供するために、
注文をお聞きする人・
お客様に商品をお渡しする人が異なります。
その為、器の種類でメニューの内容・
玉の大きさを使い分けております。
器のデザイン鑑賞
楽しみの一つとして頂けたらと思っています。
「ご満足いただけるよう、
    サイドメニューも充実」

綿谷がオープンした1997年当時は、
うどんのセルフ店といえば、
うどん玉だけをもらって、
お客様自身が麺を温め、ダシをかけ
トッピングするのが主流でした。
綿谷でのセルフとは、経費削減ではなく
お客様に少しでも待ち時間を少なくお渡しする
究極の手段です。
うどんは「完全な形」でお渡しして、
後はセルフ方式にしました。
その為、たくさんのメニューをそろえております。

約15種類の天ぷら・お寿司・おにぎり等、
サイドメニューも充実しております。
その中でも人気のある、ちょっとばかり
ボリュームがあると 評判のいなり寿司
目当てにご来店くださる方もいるほどです。
「落ち着いた和テイストの
   店内で、心ゆくまで満喫」

明るく清潔な店内の入り口に、
四季折々の生花を飾り
お客様に季節を感じて頂きながら、
落ち着いた和テイストの内でのお食事を
心ゆくまで満喫して頂けます。

カウンター・テーブル席の他、
座敷も完備しております。




TOP